色は気持ちのバロメーター

決まって一番に無くなる色は「ピンク」

放課後等デイサービスに勤務している時に気づいたこと。決まって一番になくなる色があるんです。
それはダントツで「ピンク」
よく無くなる色は、
だんとつで
ピンクピンクハート(甘えん坊・かまってちゃん)
続いて
黄色イエローハート(好奇心旺盛・落ち着きがない)
ハート(エネルギーに満ち溢れている・突発的)
ブルーハート(ルール、約束・決まり)
ざっとこのような傾向があります。
特徴としては
ピンクハート構って欲しいのでわざと叱られるような事をしたり、
イエローハート色々な事に興味があるのでじっとしてられない
ハート目に見えるものが全てで、突破的に動いていまう
ブルーハートしてはいけない事、ルールはわかっている。
(私の関わったお子さん)
と言った感じでしょうか照れ

色とお子さんの傾向が比例しているんです。

出典:アメブロより

ピンクが無くなる理由

色彩心理学では「ピンク」が負担になってなる色と言われています。なので元々はなのです。

赤はエネルギッシュでやる気満々。上記にも書いていますが、見えているものが全てで衝動的に動いてしまう特徴があります。

放課後等デイサービスではADHDのお子さん、多動のお子さんも多く、そんなお子さんは赤さん傾向が強いです。

学校ではエネルギッシュに頑張ってきたので、放課後等デイサービスではエネルギーが切れ甘えたくなったり、構って欲しいという行動が多くみられました。

色の傾向を知るだけでその子の個性が分かる

傾向を知っておくだけで「だからか~!!」と子どもの行動の予測ができます。子育てのイライラの原因は時間を決めていたのに遅れた時、思ってもみない行動を子どもが取ったとき。(牛乳をこぼしたなど)ママの基準から外れた時にストレスを感じます。

なのである程度するであろう子どもの行動を知っているとぐんとストレスが減ります。

子どもの個性、色を知っていると「なんで??」の行動が、「そうだよね~」と納得できるようになりますよ。

色には個性と、行動2種類ある

そもそも持っている個性の色と、今の気持ちを表す色、2種類あります。キュービック・マムでもその2種類について勉強していきます。

普段の生活から色を取り入れて気持ちを理解していたのは色塗りでした。

私は塗り絵の製作では色を自由に塗るという事を大切にしていました。(もちろん、自由ばかりではありません)
お子さんの選ぶ色を確認する事で気持ちのバロメーターを知ること。
を縛らず、お子さんの好きな色を使う事で無意識に椅子に長く座る事が出来たりします。
(好きな色は居心地がいいのです)
それでいつもより長く座れたら成長です。
毎回上手く行かなくも大丈夫。
少しずつで大丈夫。
何より経験が大事です。
集団であるからそこ見える視点があると、保育士になってから思いました。
もちろん、障がいあるなしに関わらず色は気持ちのバロメーターです。
出典:アメブロより

居心地のいい色で苦手を克服

多動やADHDのお子さんによく見られるじっとしていられない。と言うこと。学校が始まり、45分椅子に座ることは苦痛です。

そんな訓練も色の力を使って行っていました。

好きな色は今の自分にとってとても居心地がいい色。なので無意識ですが、心地が良いのでいつもより長く座っていることもできます。

それが5分であろうと、10分であろうと、そこの子にとって集中できる時間がとてもとても大切だと思うからです。居心地がいい事で心も落ち着き、またその色で今の気持ちを読み取ることができるので色の力ってとてもすごいんですよ。

色の世界の、覗いてみてね

キュービック・マム一般講座