一人で宿題ができない

情報量が多いとそれだけで入って来ない

小学2年生の男の子。漢字の書き取りのプリントで、1枚の紙にみっちり書いてあったのですが、その視覚情報は多くなり、どこから手を付けてよいのか分からなくなっているようでした。

ちょっと離れていると、ノートに送り仮名だけを書いていて、そもそもの漢字プリントの意味をなしていませんでした。

情報量が多いのでプリントを1行ごとに折り、①から順に書いていくことで視覚情報を減らし、明確に伝えることによって無事宿題を終えることができました。

座ることも苦手・忘れ物も多い

周りが気になって宿題が全然進まない。宿題をしないといけないことはわかっているけど、隣で遊んでいる友達が気になって参加してしまう。

「漢字のお手本を学校に忘れた。」仕方なく、友達が貸してくれ、私が横につきます。

遊んでいる時も常に体を動かしながら、片足立ちでじっとしていられない。宿題なんてもっと集中できず、どこを書いているのかさえ分かっていないようでした。

情報量が多すぎてどの場面にでも興味が出てくる

特に学童では、宿題が終わった子、遊んでいる子、おやつを食べている子様々ですから、何かする度にいろいろな子に話かけては、「しなければならない事」が後回しになり、最後には忘れていることが多くあります。

黄色くんの特徴として

  • 興味があるものが目の前にあると、しなければならない事そっちのけになってしまう
  • 注意散漫で忘れ物が多い
  • 沢山興味があるので、次から次へとしたいことが増えていき何をすればよいかわからなくなる

などがあります。

様々な黄色くんがいる

様々な黄色くんがある中で、例に挙げた黄色くんは行き過ぎた情動が強く目立つ子です。

行き過ぎた情動(エグセッシブ面)が強く出すぎると、学校や、社会に出た時に困り感を感じるのはその子なのです。

一人で宿題が出来ず困っている方は、もしかすると視覚情報が多すぎて集中できないのかも知れません。

周りに物を置かず、集中できる環境を用意するのも一つの手立てです。

そして、一番は、個性を認めることがとても大切です。

個性(色)に合った言葉かけを行うことで子どもは安心し、「分かってくれた」という喜びとともに自信を持つことができます。

自信が持てると今度は「自己肯定感」が上がり、はつらつと感情を伝えようとするのです。

そんな自分に自信を持てるようにサポートするのが色彩心理学です。

キュービック・マムはその中でも、子どもの気持ちを色で理解していく講座です。

大人であっても子どもであっても褒められたり認められたしりすることは嬉しいこと色の良さを理解し、エグセッシブ(行きすぎた情動)面だけでなく、ポジティブ(良い面を見ていけたらと思います。

 

Zoomでキュービック・マム体験会

 

キュービック・マム講座は子育て向けの講座ですが、子育て以外でも、保育士、幼稚園教諭、保健室の先生など現場でも実際に使っていただけようになっています。今回は体験会なので講座の内容を軽くお話しし、個性をと色を解していただける内容となっております。

Zoomの使い方がわからない場合はお教えしますのでお気軽にお問合せ下さいね。

日にち  6月17日(水)10:00~11:30  13:00~14:30

     6月18日(木)10:00~11:30  13:00~14:30

     6月23日(火)10:00~11:30  13:00~14:30

     6月25日(木)10:00~11:30  13:00~14:30

参加費 :1500円

ご予約はお問合せ欄より⇓⇓⇓

https://ws.formzu.net/fgen/S80160819/

 

キュービック・マム体験会とは⇓⇓⇓

https://irocolor2019.com/menu/cubicmum/cubicmun/

 

コミュニケーションツールの一つ!キュービック・マム一般講座⇓⇓⇓

https://irocolor2019.com/menu/cubicmum/cubicmum-1/