強がっている人ほど繊細で傷つきやすい

強い口調で、自分を守る

相手に傷つけられないように、繊細な人ほど強く見せようとする。

色彩心理学的に言えば「黒」の個性を持って言ます。

口数も少なく、見た目は怖く近寄りがたいです。

繊細だから強がる

占い番組で、本当は繊細で弱いのに強がるよね~』言われている人が多かったのでこの記事を書きました。

繊細な人ほど、強がってしまうのは占いではなく、個性の良い面と行き過ぎた面を両方伝えているのです。

「良い面」と「行き過ぎた面」は裏返し

色の特徴を知ることで、良い面と行き過ぎた面、両方の理解ができます。

で言えば

良い面⇓

強く見せたい。強くありたい。

行き過ぎた面⇓

虚勢的。自分の弱いところを隠して威張りをしてしまう

という特徴があります。(※ここでは詳しく言えませんが他にもたくさんの特徴があります)

この心理学を知っていると『あの人威張っていて近寄りがたいよね~』と思うよりも、

『何か頑張って、そうなっているんだろうな』と理解の方が大きくなるのです。

色彩心理学の強みはココ

色彩心理学では、どの色も行き過ぎた面だけでなく、良い所も知れるところ。

他にもたくさんの色の個性についてお勉強していきます。

できていない点、イライラしてしまうところに目を向けがちですが、必ずその裏にはの良い面もあるで、イライラが少なくなります。

困りごと、悩みごとも「良い面」をたくさん知ることで視点が変わってきます。

 

人間関係にお悩みの方、一度体験してみませんか??

あなたのイライラの理由が分かります

私と気になるあの人の取り扱い説明書 カラーメンタリング®︎

 

 


幸せを呼び込む 色彩セラピー (ロング新書)

Follow me!

ちょっとだけやってみたい方はこちら

好きな色で子どもの気持ちが分かる。
子育て応援
【キュービック・マム体験】

私ってどんな色持ってる??個性を知る。
【カラーメンタリング®体験】