決断する勇気とエネルギー

離婚・別れのエネルギーの消費

別れや離婚に踏み切る時、とてもエネルギーを使います。大きな決断をするとき、家を買う、結婚すると言うような時も大きな動きですが、これは前向きな決断。離婚や別れは後ろ向きな決断なので特に心身共に疲労を感じます。

なかったとこにしたくない

離婚や別れはすべてをリセットするという意味。今まで築いてきた時間を0にするような気持ちになる。つまりその時間を使ってきたことを否定するような感覚になるのです。

  • 今までしてきたことは間違っていたのか
  • 意味がなかったのか
  • 無駄な時間だったのか

全て自分に対して否定的、「あなたはダメなのよ」と言われているように感じてしまいます。

決して間違いではない

離婚をすると「バツイチ」と言いますが、「バツ✖」と言う言葉が否定的でとても悪いことをしたようなイメージ。でも決断をした勇気と、後ろを振り向かない強さを得た証拠です。

次のステップに移る土台をしっかりを作ったのではないかと思います。

誰かに背中を押して欲しい

大きな決断をするときに色々な人に相談をしますよね。自分の中である程度決まっていて、YESに行くのか、NOに聞くのか背中を押して欲しいのです。

でもそれは心の奥底に決まった答えを持っていて、その答えを言って欲しい人に無意識に相談しているはずです。

最後は自分で決めるのですが、その前の段階である程度決まっています。

人間は感情が「ある生き物だから」

感情があるから悲しかったり、悔しかったり、否定されるとすごく傷つきます。誰だって認めて欲しい。自分の存在価値を認めて欲しい。

決断の勇気は悲しみと表裏一体。悲しくならないように、手放さず、自分の気持ちに我慢しているのかもしれません。

あなたの本当の気持ちはでどれですか??一緒に向き合ってみませんか??