好印象を与える魔法の言葉

何かお手伝いすることはありませんか??

短大の時、保育実習で、困ったとき、何をすればいいか分からないとき

「何かお手伝いすることはありませんか??」

と担当保育士に聞きなさい!!と先生にしつこく言われた記憶があります。

今思えばこの言葉、すごく上手くできている言葉。

たった一言の言葉で変わる印象

最近の学生さん。受け身が多くて何をしたらいいかさえも分からない。でも聞いたりはしないと言った感じでおどおどしている方が多いです。聞いていいよ~と言いながら温かく見守っていました。

今学童で学生さんがアルバイトに入っているんです。その方は「何かお手伝いすることありますか??」と言ってくれたんです。

その一言ですごく積極性も感じられましたし、すごく好印象でした。

責めすぎず、無関心過ぎず、いい塩梅の言葉。

「次何をすればいいですか??」と何度も聞きすぎると、自分で考えられないんだなととらえられるし、何も聞かずにやるのも勝手にしないでと思われるし。

何もしないとやる気がないんだなと思わられるし。

「何かお手伝いすることはありますか??」

と程よく伝え、手伝います!!大変なこと半分します!!みたいな感じに受け取れるんですよね。

よくできているな~と感心しながら、私も学生時代を思い出しました。

言葉で決まる人柄の印象

就職課の先生が、わが校の学生はとても好印象!!と自信たっぷりに話していたことを思い出しました。その時はそんなにフガフガ鼻を広げて言わなくてもいいじゃない。と思っていましたが、実際に言われる立場になると、好印象なことに気が付きました。

言葉の使い方、言い方でこんなに印象が変わるなんて。言葉って大切ですね~

 

今でも困ったときはこの魔法の言葉を使っています。皆さんも試してみてくださいね!!