遅刻しました

今日、遅刻したとよ

姪っ子家でダラダラしていたら遅刻しました。

前回の話はこちら

帰ってくるなり

「えみちゃん、今日遅刻したとよ」とケロッと言っていました。これは黄色さんちょっとおちゃらけキャラで話す感じです。あまり深く突っ込んで欲しくない、怒られたくないのでちょっとおちゃらけて言ったんです。

「どうやった??」

「ん??どうもなかったよ。」

言葉の裏には感情が沢山ある

言葉の裏側には沢山の感情があって、学校に行っている間、焦りが段々と出てきていたようで、泣いていたそうです。校門までつくと校長先生が待ってくださっていて、

「大丈夫よ~」と声をかけて下さったそうです。今度は○○ちゃん(同級生)くらい早く来たらいいね~と言ってくださったそうです。

私を取り上げないで、恥ずかしい。

注目されたくない!!繊細で目立ちたくない姪っ子はちょっとした変化も気づかれたくない。

泣いて目が腫れていると「どうしたと??」といわれたくない。

そっとしておいて欲しいのです。

色で言えば、黄色が混ざった心境ですが、これは本人にしかわからない事。

しかし、我が家では姪っ子の取り扱い説明書は家族みんなで把握済み。

学校でも注目を浴びず、大丈夫だったようで、その結果

「どうもなかったよ。」の返事だったのです。

遅刻をしてから得たもの

言葉には出しませんが、おやつを食べ、ちょっとゆっくりした後、いそいそと一人で宿題を始めました。頑張った後はお風呂に、、、そのあと食事をし、歯磨き。。。。。といつもなら大人が、○○するよ~ここ散らかっっとうよ~と言うのですが、その出番もななく、淡々とこなしていました。

ママは帰って来て「今日遅刻したけんどうしたらいいかな~」と言っていましたが、

姪っ子「わかっとう!!」

と一言。呑み込みが早い姪っ子、今日のように遅刻しないようにするには「早く寝なければ」とわかっていたんです。何も言わなくても、自分で考え行動できるようになったのです。

経験が、身に付いた遅刻の一コマでした。

もちろん今朝は間に合うように学校に行っていましたよ。

お子さんの取り扱い説明書作ってみませんか??

子どもの特徴、個性を理解することによって言葉かけや、アプローチしやすくなります。その手段の一つとしてキュービック・マムがあります。

アドラー心理学をもとに作られているので、良い面に焦点をあて、伸ばしていくという心理学。好きな色のキューブを5か所に置いて今の心の状態を見ていきます。

 

褒められたり認められたしりすることはみんな嬉しいことです。ご自身のポジティブ(良い面)、お子さんのポジティブ面を見つけていきます。

講座の中では、その子とママとの気質を知るチェック項目にチェックし、どの色を多く持っているか、どんな個性を持っているか目で確認することができます。(ここが取り扱い説明書です)その人がどんな行動をするのか、身振り、手ぶり、癖など1色につき1万人の臨床データをとったものです。

どこまで手を掛ければよいか、どこまで見守ればよいかわからない。という方も講座受講後のフォローアップ講座

があります。保育士の私が一緒に子育ての伴走をさせていただきます!!

 

Zoomでキュービック・マム体験会

まずは体験から!!と言うことで、体験会を行います。キュービック・マムは子育て向けの講座ですが、子育て以外でも、保育士、幼稚園教諭、保健室の先生など現場でも実際に使っていただけようになっています。

今回の体験会は自身がどの色のタイプなのかよくしている行動の確認とその理由。お子さんや身近な人がなぜこのような行動をするのか??など日ごろのお悩みもでお答えします。

Zoomで行います。Zoomの使い方がわからない場合はお教えしますのでお気軽にお問合せ下さいね。

日にち  6月17日(水)10:00~11:30  13:00~14:30

     6月18日(木)10:00~11:30  13:00~14:30

     6月23日(火)10:00~11:30  13:00~14:30

     6月25日(木)10:00~11:30  13:00~14:30

参加費 :1500円

ご予約はお問合せ欄より⇓⇓⇓

https://ws.formzu.net/fgen/S80160819/

 

キュービック・マム体験会とは⇓⇓⇓

https://irocolor2019.com/menu/cubicmum/cubicmun/

 

コミュニケーションツールの一つ!キュービック・マム一般講座⇓⇓⇓

https://irocolor2019.com/menu/cubicmum/cubicmum-1/