男の子だけどピンク好き

男の子だけどピンク好きって変??

男の子にだって好きな色が赤だったりピンクだったりします。色彩心理学的には全く変ではありません。ピンクは赤のエネルギッシュな力が負担になってピンクになったもの。ピンクが好きになる理由があり、その前にエネルギッシュに動いたり、行動していませんか??そのエネルギーがなくなってしまって変化したものと考えられます。

決めつけと好み

男の子がピンクが好きと言われると、「大丈夫かな??」と不安になる気持ちはわかります。私自身もそのように育ってきたので心がぞわぞわっとします。

最近では男の子もピンクのシャツを着たり、ピンクのズボンを履いている姿もよく見かけるようになりました。選択肢の中にいろいろな色があることで、その子の気持ちと同じ周波数の居心地の良さを感じているのだと思います。

自分で選んだのだから良いことばかり

自分で選らぶことで認めてもらったという自己肯定感が高まります。赤ちゃんの頃は親が好きな色の洋服を着せていましたが、「選ぶ」という選択と自己決定は大きな成長です。

自分の選択は間違っていないという気持ちを大事にできると良いですね!!

また色彩心理学では1色からポジティブ面、エグセッシブ面(行き過ぎた情動)両方の面を学んでいきます。

キュービック・マムの中ではその子の気質や、元々持っているその子らしさを色で表していきます。普段何気ない時の気持ちや、何か悩みごとがあったときの気持ちなどキュービックキット使って、すぐに理解することができます。

このキュービックを自分の選択で決めるという行為も自己決定の一つです。

気になる方はこちら

キュービック・マム