欲しい言葉はそれじゃない

自分が一番分かっている

「病気じゃないから大丈夫よ」

悪阻で具合いが悪い時に言われたら、気分も落ち込んでいるのにもっと落ち込んでしまう。

「安心して、病気じゃないから」と言う気持ちからかもしれないけど欲しい言葉はそんな言葉じゃなかった。

病気じゃないことくらい自分が一番でわかっている。

いつまで続くか不安で初めての事だから怖いのも当然の事。

落ち込んでいる原因を知っているから

病気じゃないからこそ動けないこと申し訳なさと、弱さを感じているから。無意識に自分にバツを付けているからなんです。

分かっているのに更に「病気じゃないから大丈夫」と二度押しされるのがとっても辛いことなんですよね

どんな言葉が欲しかったのか??

そのままのあなたでいいのよ。

そう言って欲しかったはず。 

「ずっと続くわけじゃないから、今はゆっくりしてね」

「大丈夫??きついよね」

と今の気持ちに寄り添って欲しかったはず。

自分に優しく

大事なのは無理をしない事。

頑張っている人ほどこの動けない事、病気じゃない事とをすごく大きく掲げていて頑張りすぎてしまう。

たまには甘えていいんですよ。

無理をせず、今できることを。

あなたはあなたのままでいいのだから。自分自身を大切にね

体験講座はこちらから

子どもの好きなで気持ちが分かる。
子育て応援
【キュービック・マム体験】

私に良い所探し??自分を知って個性を知る。
【カラーメンタリング®体験】