私たちの秘密は「カラーメンタリング®」

買い出しに行ったのに釣りに行こうとする彼

バーベキューをしようと二人で買い出しに言ったのに、彼は「釣りに行ってきていいかな?」

いやいや、ありえないでしょ!!準備誰がするのよ!!

なんだかんだで手伝ってくれるんでしょ。と私は思っていましたら、どうやら本気で行く気みたいで。

「え??本気で言ってる??」

「うん、なんだかんだで許してくれるかと思って」

「えー…」沈黙

「紫やけん、行ってきてもいい??」

「分かった~いいよ~」とすんなり許してしまう私でした。

色=本心

言葉に表すと難しい表現も色で表すと、とっても伝わります。

紫の意味は

  • 一人の時間が欲しい
  • 自分の世界観をもっている

などの意味があります。彼の本音は「一人の時間が欲しい」と色を使って伝えてきてくれたのです。

本音を言わない彼が言うようになった理由

彼は基本的に気持ちは言いません。私からしてみれば、「何を考えているのかわからない」と受け取るしかなかったこともありました。

しかし、色の意味、個性を知ったことで良い面、行き過ぎた面両方知れることができるのです。

例えば先ほどの紫の気持ちの中でエグセッシブ(行き過ぎた情動)では

  • 精神的に疲れるような状況があってぐったりしてしまう

その反面、ポジティブ(良い面)では

  • 精神的な疲労を感じているので休息をとって神経を癒したい

とう意味があります。私と一緒に居てぐったりしているのではなく、自分の時間をもって、神経を癒したいとのことでした。釣りをしてる間は一人の時間で無心になれると言うことを聞いていたので「一人時間を大切に」してあげようと思えたのでした。

本音を言うようになったの彼も両方の意味を知っているから。これが行き過ぎた情動、エグセッシブ面だけしか知らなかったら決して行かせなかったでしょう。

お互い、気持ちを言い合うようになって

色の事をお互いが知っていることで、最初は「黄色の気持ち」など色を使って表現していましたが、気持ちの微妙な表現も上手に表せるようになりました。

色で気持ちを表現することで素直な思いを伝えるられとても良い関係を気付けるようになりました。

相手の気持ちを予測したり、変に考えなくてよいのでとても楽ですよ。

思ってもいない相手の感情にきづくことともできますし、素直な気持ちを伝えてくれるので私も嬉しくなります。

カラーメンタリングのコース内容はこちら

 

もし聞きなる方はご質問だけでもお待ちしております。

あなたと気になるあの人の関係がグッとよくなりますように