【さくらんぼ計算】できているのに、できない!!!

さくらんぼ計算で頭が大混乱!!

足し算は分かるのに、さくらんぼ計算と言われると混乱し、やけになってしまった話。

「答えはあってるよ!!」

「できてるよ!!」

いちいち、

「わ~もうここまでいたと??すごいやん!!」

「はや~い!!」

否定せず、認めますキラキラグッ

これ重要!!!

子どもって繊細で傷つきやすいのでちょっとのことで挫折しますガーンあせる

なので、間違っていても決して「ここ間違っとるよ!!」とは言いません。

出典:アメブロ

小さなところでもできてるところを褒める

子どもって繊細で挫折しやすいんです。一度挫折して、やけにやってしまうと、「頑張ろう」となるまでに時間を要します。

そうならないように。

私は声掛けを注意しています。

否定せず、出来ているところを見つけ褒める。

必ずできている所があるので、そこを褒めます。

問題を解いていなくても、プリントを出している。ノートを出している。それだけでも褒める。やる気はあったのですから。

私の経験を子どもにさせたくない

私は分からなくても「分からない」と言えなかった子ども時代。

今思えば聞いていればよかった。でも怒られると思っていたから。私のせいで授業を止めるのが嫌だった。

私の心の中は「挫折しないで~ショボーンと思っているから。

私自身が分からなくなっても「先生分かりません」と言えなかったタイプ。

自信を喪失してしまっていたからアセアセ

子どもにはそんな思いをして欲しくない。

褒める事、認めることで、子どもの気持ち、やる気をあげることができますよ。

出典:アメブロ

褒めることで子どものモチベーションが上がる

この方法を行っていると可愛いことに、時間がたつと、自分で計算を行ったり、向きあって、必ず「せんせ~全部終わったよ~!!」

と言ってくるのです。

それも誇らしげに。そして自信を持って!!

その姿を見たら、やっぱり私の言葉かけ間違ってなかった!!よかった~と思えます。

その子に合った言葉かけ。その子に合った接し方。

認められたという子どもの自己肯定感も上げることができます。出来ているのにできない!!そんなことないよ。あなたは頑張っている。

ほら、ここまでできている。ゆっくり一緒にやっていこうね。