先生も適材適所がある

複数担任で不得意をカバー

保育園での一人担任だとどうしても先生の得意なことだけの色がついてしまいます。

先生だって得意・不得意があるのいいの

3歳の子どもが昼食も歯磨きも全てマイペース〜。お昼寝も遅いので
起きる時間になのに眠いので起きれませんアセアセ
 
ある先生「なんでおやつの時間に合わないの??」と子どもに言っていました。
 
私は、遅れたことよりも「経験」を大切にしていました。誰もいなくなった保育室で布団をたたみ、泣きながらおやつに向かう子どもに、
 
「どうやったら、泣かないで間に合うと思う??」
と今後どうすればいいか考えられるように伝えていたのです。
 
出典:アメブロ
結果しか見ていない熱血な先生と、冷静に今後どうしようかと考える選択肢を与える先生。
どちらも全く違う先生だけれど実は適材適所だったのです。

正反対の先生同士だけど

先生にも個性があって、実はそれぞれ自分に合ったポジションで仕事をしていたのでした。

 3、4、5歳児全員を5人の先生で保育していました。
 

子どもたちが考えて行動するので、子ども達の動きに合わせて保育士が動きます。

 
時間を見て行動できる子どもの集団にはリーダーという先生がついていき、その次の集団はサブの先生アシストの先生とそれぞれの小集団についていきます。
 
 
出典:アメブロ
真っ先に行動する子どもに対して、先生も即行動したい!!リーダー気質の先生。
遅れている子に対して気づきを与えそれとな~く声を掛ける、後ろから背中を押すのが得意な空気読みの先生。
 
お互いが得意・苦手を理解していたからかスムーズに子どもが流れて行き、先生としての負担をあまり感じませんでした。

得意が色で見える

私はみんなの前に立って仕切るリーダーの立ち位置は苦手。最初に進みだす子どもについていくのに必死だったし、それ以上に後ろの子の方が気になる。

最初の小集団で行く子は5歳児が多くある程度なんでもできる子達ばかりだったので、手がかからないからこそ、なんだか物足りない笑

それよりも、遅れてしまう子にどんな言葉を掛けてあげたらとか、どんなアクションで接すると間に合うのか試行錯誤している方があっているな~と思っていました。

当時はカラーメンタリング®は知らず、でもなんとなく向き不向きは感じていました。カラーメンタリング®を知ってからはますますリーダー向きではない事を知り、だから居心地のいい後ろからのアシスト好むのね。と改めて確認。

実際の現場で先生たちにやってもらうだけで、適材適所が相手にも伝わるからめちゃくちゃいいんですよね。

得意だからすぐに仕事が終わるし、効率がいい。

私これ得意だから!!

私コレ苦手。色で伝わりやすいから理解されやすいカラーメンタリング®

企業様にも使われています。

 

私と気になるあの人の取り扱い説明書 カラーメンタリング®︎

 

カラーメンタリング®︎認定コース

Follow me!

ちょっとだけやってみたい方はこちら

好きな色で子どもの気持ちが分かる。
子育て応援
【キュービック・マム体験】

私ってどんな色持ってる??個性を知る。
【カラーメンタリング®体験】