子どもとの時間が作れて、気持ちも分かる!!

キュービック・マム講座を受けようと思ったきっかけは??

仕事で色を考えることが多かったのと、もともと色に興味があったため

デザインのお仕事をされているので、もともと色に興味があったそうなんです。

お仕事で色を使われることも多く、色と気持ちの関係に興味を持ってくださいました。キュービック・マムの体験会を2回、オンラインのお話し会にも参加してくださいました。

子育てにお悩みはなかったそうなんですが、色の面白さに引き付けられたそうです。

実際に講座を受けてどうでしたか??

テキストがわかりやすく、すぐ試してみたくなりました。子どもたちに「色のやつやる?」と声をかけるとすぐ寄ってきます。ワークブックに色鉛筆で色を塗るのも楽しいようです。遊びながら気軽にできるのがいいです。

ありがとうございます!!

遊び感覚で出来るのが子どもさんにとってもいいみたいですね。好きな色を置いてワークブックに成長記録として残せます。なにもない日にも行うことで、時間を共有したり、気づきにくい気持ちが見えてきます。

お母さんと一緒にキュービックを置いて色を塗る。その一連の作業が親子時間。きょうだいがいても一人ずつ行うのでそれぞれの時間を取ることができます。

お子さんも「向き合ってくれている」というのを感じているようで、楽しみながら行ってくださっています。

講師の印象

にこやかで明るく話しやすく、昔からの友達のような親しみやすさと安心感を感じました。説明もわかりやすかったです。

ありがとうございます。親しみやすさ。緑気質を持っているからですかね~皆さんいってくださって、とても嬉しいんです。

すごく勉強熱心のMさんで、授業でもたくさん質問をしてくださいました!!

色の分析を臨床心理士さんと行ってる話をしましたら先生のお名前を検索し、出版されている本を探されていました!!すごいですよね~

私も刺激を受けましたし、勉強になりましたした!!

今年からは3人の子育てをされていまして、すごく尊敬しています。

 

ご感想ありがとうございました。

どんな人にもわかりやすい

キュービック・マムは今の気持ちを色で投影し、今の気持ちを理解していきます。

言葉にできない気持ち、無意識な気持ち、素直な気持ちも色に表れます。色と気持ちは繋がっていて、1色につき1万人の臨床データーを取ってできたものなんです。

置いた場所、順番にも意味があって、置くときは無意識なんだけど、大きな意味があるのです。

 

  • 小さなお子さん、まだ気持ちを言葉にすることが難しい。
  • 発達障害などで気持ちを表現することが苦手。
  • 特に子育てに困っていないけど、色と気持ちのつながりが気になる。

 

どんな方にでも使って頂けるようになっています。色の事を知ると、ちょっとした色選び、色紙や色鉛筆など手に取ったときに気持ちが見え隠れして面白い!!

子育てと色を両方楽しみませんか??

 

Mさんが受けられた講座はこちら↓↓

キュービック・マム一般講座

体験講座はこちらから

好きな色を置いて今の気持ちを理解する。子育て応援
キュービック・マム体験

私の持っている色は何色??個性を色で例える
カラーメンタリング®体験