『学校行きたくない』おもむろにキュービックを取りだす

新年度の行き渋り

おもむろにキュービックを持ち出して来て並べる。

言葉にできない思いを、色で表現。思いのまま置いてみる。

なんと言っていいか分からないけど、

 

『お母さん私の気持ちはこんななんだ。理解して。』

 

そんな思いを感じるお母さま。

割とよく自分からキュービックを出してくるそうで、そんな風に使ってくれていることに感動しました。

言葉では表せない感情を、これを置けば理解してくれる。

それが伝わっていたのがとても嬉しかったです。

気持ちが言葉で書いてある

このお話はキュービック・マムを受講されてから、日常に落とし込んで使われています。何よりその効果を実感しているのはお子さん自身。

 

これをすればお母さんは私の気持ちに寄り添ってくれる。

 

だって、出た色はそのままの気持ちだから。その意味はこうだった。

 

「子どもから大人への階段」

 

ちょっとだけ反抗期。一人の時間が欲しいし、ゆっくり考えたい。

それが分かっただけで、「学校休ませるか」

そう思える寛大なお母さま。

子どもがなぜ行き渋っているのか、理由が言葉で書いてる。これがお互いの相互理解に繋がります。

心に寄り添う

もし無理に、子どもの気持ちを理解せずに連れて行っていたらどうだったでしょう??

きっと、黒の時間が長く、ずーっと行きたくない。そっとしといて。話かけないで。という反抗的態度だったかもしれません。

この日はお子さんの気持ちに寄り添うことで、午前中は家でゆっくり好きな事を過ごしたそうです。

 

お昼前に、ちょっと給食だけ食べてみるか??

先生に挨拶だけして帰るか??

 

なんて話をしながら、少しずつ出来るところから、無理はせず。いつの間にか、学校に行っていたとか。そして気づけば教室に入っていて、、、

あれ??

なんだか大丈夫そう。

(※お母さまはいつの間にかフェードアウト)

そうなれたのも、お子さんの今の気持ちに寄り添うことができたからですよね。

 

時間はがかかったけど、結果、学校に行った。少しずつだけど、出来た!!!

と言うすごく良いお話を聞かせてもらいました。

こんな風に、何か心の中がざわついたときに使って頂けることが私が何より求めていたもの!!

 

色の力も借りて少しづつでも出来ることが増えたのが嬉しかったです。

体験会も開催しています。

 

体験講座はこちらから

子どもの好きなで気持ちが分かる。
子育て応援
【キュービック・マム体験】

私に良い所探し??自分を知って個性を知る。
【カラーメンタリング®体験】