言いたくないからこそ置いて欲しい

反応が欲しい親と、反応したくない子ども

何を考えているか分からないから確認の為、口うるさく言ってしまう。でもお子さんはその口うるさい言葉に反抗して、無視や部屋にこもりっきりになってしまう悪循環。

親として、分かっているか、いないか、くらい知らせて欲しい。

リアクションのない態度だからこそ、イライラがつのるのですよね。

ちょっとした表情や変化にも気づいてしまう私ですが、お母さまの不安をキャッチしていました。

キュービックを置くとまさに。

『感情は表に出さない。話さない。』

という色をお子さんが置いていたのです。

最初はお子さんの気持ちだけとおっしゃっていたのですが、お母さまも一緒に行いました。

半信半疑でやってみた

最初は口数は少なく、ちょっと不安な様子でお子さんと一緒に来られました。恐らくお子さんの事で悩みがあるのだろうという感じ。半信半疑で、でも子どもの手前、何かあるとは言えず・・・という雰囲気でした。でもお子さんの気持ちを知りたい!!という親心を感じました。

その後、お子さんの気持ちをお伝えしたところ、実はこういう事があってですねとお話してくださいました。

言わないからこそ、言いたくないからこそ

言葉にできない思いだからこそ、キュービックを置くとめちゃくちゃいいんです。

言わなくても、置くだけで心理状態が現れているから。

キュービックは「心の状態を色で表している」のです。

ただ表しているだけではなくて、臨床データーを取ったものなので皆さんが占いのように当たる!!と言ってくださるんです。

私は見えるわけでもなく、気持ちが分かるわけでもなく。ただただ、表れている気持ちをお伝えしているだけ。

でもその気持ちがそのままだから、キュービックをやった後、ニコニコ安心して帰られたんだと思います。

お母さまも、「一人の時間が欲しかったんだね~」と理解できるだけで安心できすよね。

言わなくても分かってしまうとっても凄いキュービック。ご家庭で使って頂けます。

 

一家に一台、ママがお家のカウンセラー

心の救急箱として置いていただけると嬉しいです

Follow me!

ちょっとだけやってみたい方はこちら

好きな色で子どもの気持ちが分かる。
子育て応援
【キュービック・マム体験】

私ってどんな色持ってる??個性を知る。
【カラーメンタリング®体験】