長年の思考の癖はなかなか抜けない

思考の癖は経験値

泣けばお菓子を買ってくれる。駄々をこねれば自分の意見が通る。

親としても、「もうめんどくさいから」買ってあげたり、こっちが折れれば楽になる。そうやってお互いの関係が形成され、こうすれば思い通りに行くと経験値を積んでいきます。

大人になっても経験値

大人になってもこの経験値は人間形成に重要なポイントとなり、「私が我慢すればうまく事が進む」「私が謝ればこの場はうまくいく」

最初はその思いだったのに、癖って怖いもので、謝りたいわけではないのに、「謝らないと気持ちが悪い」私悪くないのに謝ってしまう。そんな思考の癖って今までの経験値だからなんです。

すぐには変われない。成功体験がないから

再び負のループに陥ったのも昨日の事。。。自分の気持ちが、思考の癖があぁ~またいつもの思考になっている~と気づくことまではできるようになりました。が、マイナス思考、無駄な妄想が自分を苦しめていっていました。

すぐにはこの思考は変えれないもので、長年の癖で「モヤモヤ」してしまうのです。

だっていつもと違うことをした成功体験がないから

謝らないと気が済まない

心の中では「ごめんね」と言ってしまいたい。そうすると私の気持ちが落ち着くから。でも相手からすると「何のごめんねなの??」ときっと思われるはず。とりあえず謝っておきたいこの癖をやめようと思っている今日この頃です。

自分を大切にしないと相手からも大切にされない

よく、拗らせ女子なんて耳にしますが、なんでもしてあげたい。優先してあげたい。あなたに合わせる!!本人からしてみれば「あなたの為に」なのに。されている本人は「なんでもしてくれる」とお互いの中で格差が生まれてきます。「なんでもしてくれるんだ~」と段々と相手は要求を出し、なんでもしてあげる女子は自分の気持ちを抑えてやっているといつか歪みが生まれてくるでしょう。

自分を大切にする人は相手からも大切にされます。私を大切にしていますか??一番は私!!私を可愛がってあげましょう。

 

前の記事

怒りと感情

次の記事

学校休校日の姪っ子