「取るだけ育休」やめてください

育児でなくて、家事をして!!

育児はみんな初めての連続。本通りに行かないのが育児。そんな不安の中、旦那さんの面倒を見る余裕なんてない。せめて家事をしてほしいとの奥さんの声。

お皿を洗う。お風呂を掃除する。部屋の掃除をするそれだけで助かります。普段奥さんがやっている家事の大変さを改めて再確認。育休は家事をやっての育児の大変さを知ってもらういい機会なのです。

育休取ったのに余計にストレスが

育休をとった旦那さんに対してストレス。育児の世話と旦那の世話。育児経験がない旦那さんが家にいると余計に手間がかかるという新聞記事です。

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/578501/

奥さんも最初の子どもだったら育児に対して何もかも初めてでどんなことでも不安なはず。不安な育児に対してなんでも聞いてくる旦那さん。

少しは自分でも勉強してよ。奥さんんの怒りも蓄積。

当たり前が当たり前でない事も多くあります

子育てのイライラの原因お互いの考え方の価値観の違い。奥さんが子育てするのが当たり前。わからないことは奥さんに聞く。家事を手伝ってもらって当たり前。お互いが「当たり前でしょ」と思っている時点でコミュニケーションはうまくいきません。

お互いの言い分を聞いてみるとそんな考えがあったのかと意外な発見があったりします。当たり前と思っていることが意外と当たり前でないことも多くあります。

それでなくても出産を終えた奥さんはホルモンバランスが壊れ身も心もボロボロ冷静でいられなくなるのです。体も心もボロボロになり、経験もない子育てをやっているのですから。不安や、責任感に押し潰されそうになっているのです。

喜怒哀楽が激しくなって当然で、その変化に気づけない旦那さん。「なんでそんなにイライラしているの??」その思いやりのない一言に「イラッ!!」その変化に意味が分からないので旦那さんも「イラッ!!」

気持ちの余裕があるときにカラーメンタリング®

心に余裕がない時に、相手の気持ちを聞く余裕なんてさらにないのです。余裕があるときに話を聞く。余裕がない時は聞かなくてもよいのです。

色彩心理学ではではどうすればよいか??の答えがあります。余裕が出てきたときにカラーメンタリング®相手の思考の傾向を知ることができます。それも色に例えられ、

 

・青色だから結論から言わないとイラっとさせるんだ。

・黄色だからちょっと強い言葉を言うとはぐらかしたりするんだ

と目で見て理解が深まります。

気持ちの余裕があるときに受けてみてくださいね

https://irocolor2019.com/menu/colormentoring/