見えない気持ちを色で見える化

5か所に好きな色を選んでおくだけ

専用のキットがありまして、10色のキュービックを決まった色の順番に並べていきます!
並べ終わったら、白い台座5カ所に好きなキュービックを並べてていきます。
その際は左手でパー
というのも、右脳を使って頂きたいので左手なんですキラキラ
これが、
子どもであればどちらの手でもいいんですよラブまだ未発達でもあるし、意識しないから!!
私、この話を聞いた時、深い〜と思いましたおねがい
出典:アメブロ

しっくりくるまで何度でもやり直してOK

同じ色を使ってもいいですし、何度でもやり直しても大丈夫ですよ。
シックリくるまで置き直して、シックリきたら、教えてくださいね!!
これが不思議とシックリくる色があるんです流れ星
人のキュービック見てもピンとこない。
不思議ですが、それが色と気持ちの繋がりという事なんですね。

同じ色を使ってもいいですし、何度でもやり直しても大丈夫ですよ。

出典:アメブロ
しっくりくるまで、何度でもやり直してOKと言うところがポイントで、納得のいくまでゆっくり時間をかけて置いて大丈夫です。
子どもは意外とさささ~と置いて、「できた~」とすぐに言ってきます。

置いたら読み解きの本を参考にする

終わったら、読み解きの本を見ます。何百通りの組み合わせで気持ちが本になっています。これがまた凄い!!これを作った暢子先生は神様だーラブピンクハートピンクハートピンクハート
キュービックをすると子どもの気持ちが素直に分かります。子どもにとってはお母さんとの時間を独占でき、親子の時間!!そして、気持ちが伝わるのでさらに良い関係に照れ
一家に一台あれば、本当に素敵な関係を築けますよ。
さて、私はと言うと。。。
「サザエさん症候群」だそうですタラーはい、疲れてま~す(笑)あぁ~なぜ心の声がこんなにわかるの??キュービックに嘘つけませんね爆笑
なので私、今日は自分の時間楽しみます!!何しよっかな~ラブ
出典:アメブロ
この方法を考え出した創始者の飯田暢子先生。色と気持ちの関係を臨床心理士の方と1色につき1万件の臨床データをとったのです。
アドラー心理学や、色彩心理学のいいとこどりをして、見えない気持ちを色で見えるようにされました。

そして、ご自身も子育てに困ったと悩まれた経験から、この子育て向けにキュービック・マムを作られました。

パワフルで元気な飯田暢子先生。
今日はご縁があって、お会いしてきます。元気を頂けるかしら~今から楽しみ~

気になる方はこちら

まずは体験から【キュービック・マム体験】

講座はこちら

キュービック・マム一般講座

 

飯田暢子先生の出版本はこちら

前の記事

イベントのお知らせ