小学校に行きたくない対処法

ママが味方

「その気持ち分かるよ」「これが嫌だったんだね」そう寄り添ってくれるだけで子どもは安心します。新しい環境でただでさえ不安になっている子ども達。

不安だよね。と言ってあげるだけでも安心できると思いますよ。

寄り添い=心の安定

に繋がります。

子どもも親も不安

今までとは全く違う新しい環境。保育園や幼稚園の友達もおらず、不安に思っていると、周りには楽しそうにしている友達グループが出来てしまっている。

理由が何であれ今の「心の状態がどんな状況」なのか知ることが大切です。心が不安定になっているからこそ、

他の子が楽しく遊んでいる、私は友達がいない。いじめられてるみたいな勘違いは低学年にはよくある事なんです。

(※学童でもこういう子達がいて、フォローしていました)

だから味方が欲しい。

私の気持ちを理解してくれる人が一人でも欲しい。

どうすればいいか分からない

特にこの時期に多い「学校行きたくない問題」今日も姉の友達が「子どもが学校に行きたくないって泣いているけどどうしたらいい??」と相談の電話がかかっていました。

何が嫌で行きたくないのか??

子どもの言っていることは本当なのか??

状況や真実が分からないので不安になりますよね。

なにより「子どもの真の気持ちが分からない」から手助けもどうしていいかわからないんですよね。

最強心の救急箱

その子の今の気持ちに寄り添うことで更に心を「キュっ」と掴むことができます。

それを簡単に見れるのがこのキュービック。

好きな色を好きな5か所に置くだけで心の状態を知ることができます。

アドラー心理学を用いた色彩心理学で置いた場所、順番でも意味があるのです。↑この状況はスローダウン。ちょっとゆっくりした方が良い色の配置です。

 

ただ置くだけでママが一番の見方にになってくれる。

子どもの心もママの心も落ち着く最強の救急箱。家庭に一台あると心のケアを手軽にできます。講座では何百通りの色の配置に対応した意味を本に集約してあるので安心して確認することができます。

ママが一番の見方になってくれることが子どもは一番嬉しいのです。

キュービック・マム一般講座

 

 

Follow me!

ちょっとだけやってみたい方はこちら

好きな色で子どもの気持ちが分かる。
子育て応援
【キュービック・マム体験】

私ってどんな色持ってる??個性を知る。
【カラーメンタリング®体験】