【リピーターがつく話し方】サービス業こそ、コミュニケーション術を。

当たり前のことを当たり前に言ってはいけない??

「他のお客様もいますので、音を小さくしてもらっていいですか??」

美容室のiPadで映画が見れると言うことでその方に勧めもらい見ていたのですが、ドライヤーだの、他の人の大きな笑い声、美容室のBGMなどで、音が聞こえずらかったので少し音を大きくしていたのです。

正直

「イラっ」としました。

「言い方」一つで変わる

音を小さくして欲しいという希望を伝えるのは良いのですが、相手を気遣う言葉と使うと印象が全く違います。

 

  • お楽しみの所申し訳ございません
  • すみません・ごめんなさい
  • 聞こえにくいですよね。

 

など、相手を気遣う言葉を伝える前に持ってくるだけで受け取る方も全く違ってきます。

一方的に「音を小さく」と言われた私は気を遣いながら、あまり聞こえない映画を仕方く見ていました。

じゃ~しゃべりたくないんですね~

紙でのカウンセリングがあったので、「ゆっくりしたいし、気を遣うので会話はあまりしたくない」と正直に書いたんです。

美容室で「しゃべりたい!!」と言う人と、「しゃべりたくない」と言う人いると思うんですが、あの社交辞令的なおおきな声で盛り上がる感じの会話、ほんと苦手なんです。

そう正直に書いたら逆に気を使う羽目に(笑)

「じゃ~しゃべりたくないんですね~」と言われ、なんだか私は悪い人みたい。

こそにも言い方ひとつで変えられるものがあったのに。

ぶっきらぼうで、一方的。知ったかぶりで更に「イラっ」と

  • あんまり喋りたくないんですね
  • ザーッとバサッとなりますね~(髪型の話。で??っていう)
  • 「へ~そうなんですね~」(知ったかぶり。さっき、言いましたけど??)
  • 他のお客様もいますので音小さくしてもらっていいですか??(動画を見てもいいですよ~だったんですが)

 

せっかく美容室に癒されに行ったのに一方的な会話でこちらが気を遣う形になり、逆に疲れてしまいました。話も続かないし、上から目線。美容師さん、興味がないので上の空の会話でした。

気遣う一言で、リピーターがつく

「私のやっているヘッドスパを絶対やった方がいいですよ!!」

「へ??」

会話が一方的なのに、今度は営業??!!私の中でいろいろモヤモヤしまして。。。

 

  • 絶対って何??
  • もう、私にお金払ってとしか聞こえない!!
  • 定期的に来てやってよ~と言っている気がする。

 

とご自身の気持ち、思いしか伝えてこないから、ヘッドスパもやりたいとはならなかったんです。

サービス業を行う上で相手を思いやる気持ちってとっても大切だと思うんです。そんなところにも言い方ひとつで特定のお客様が付いたりするんですよね。

学校では習わないコミュニケーション術をお伝えします

20代の若い女の子で、おそらく「黒」さんではないかな??と推測します。

  • コミュニケーションが苦手
  • 相手の気持ちに気づきずらい
  • 思いやれない
  • でも営業しなくちゃいけない

と言うのが3時間の間にめちゃくちゃ出ていました。以前ブログで20代の不動産会社の方のお話を書いたのですが、同じような感じでした。

接客苦手なのに接客業。どうするコミュニケーション術

どう接すればいいか分からない。

営業の成績がいまいち

お客さんとのコミュニケーション、会話をどうしていいか分からない

などなど学校では教えてくれないことを私の教室ではお伝えします。

まずは色彩心理学で自分がどのタイプに属しているのか確認していただき、お仕事にお役立てください。

ちょっとしたポイントでお客様の心をグッと掴むことが出来ますよ。

あなたにもリピータさんが沢山つきますように。

カラーメンタリング®︎認定コース