どうして非行に走る??

姉は『優等生』、妹は『非行』

姉妹で同じ子育てしていたはずなのに。妹が非行に走ってしまった。

行政まで巻き込んで、発覚したとの事。

捉え方が違う

いくら同じように子育てしていても、子どもの受け取り方によって変わっていくんです。

何かにつけ、「お姉ちゃんは」とか「どうせ私は」という言葉のサインを出していたそう。

何かしら傷ついていたし、何かしら劣等感を感じていたようです。

本当はそこに気づいて欲しかったし、妹としてではなくて、一人の人として認めて欲しかった。

過去に何かあって傷ついている

その子と関わることがあって、何かがあって「傷ついた」んだろうなとは感じていました。

(※個性を色で知るにはカラーメンタリング®を行います。)

その時点で彼女の個性に「黒」の個性を持っているのは分かっていました。

  • 過去に傷ついたことがある
  • 自己完結
  • 劣等感や孤独感がある

となど特徴を知っていたので「そんなことあったんだ~(驚)」

と言うより、

「だから黒になってしまったんだよね。納得!!」の方が強かったのです。

コミュニケーションのズレから起こってしまった

親子のコミュニケーションのズレから非行に走ってしまった。

「私」という人を認めて欲しい、私はここにいるよと言うサインを間違った方向に出してしまったんです。

今後、どうコミュニケーションを取れば社会に適応できるのか??

 

まずはその子の個性を「知る」というところがとても大事で、理解することでアプローチの仕方が分かります。非行に走ってしまって心配になり、声をかけたり、必要以上に行動を制限しようとしてしまうことは「黒」になっている子には逆効果。

「黒」さんの対処法もとても分かりやすくお伝えしています。

私と気になるあの人の取り扱い説明書 カラーメンタリング®︎

 

もっと詳しく学べます

カラーメンタリング®︎認定コース

Follow me!

体験講座はこちらから

子どもの好きなで気持ちが分かる。
子育て応援
【キュービック・マム体験】

私に良い所探し??自分を知って個性を知る。
【カラーメンタリング®体験】